メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナメクジ

全国指名手配 市民情報で外来種調査 京大助教が「捜査網」

近年日本で生息が確認された外来種のマダラコウラナメクジを手にする京都大の宇高寛子助教=京都大で、松本光樹撮影

 ナメクジの分布を追跡して、外来種が日本に適応していく過程を観察しようと、京都大の宇高寛子助教(動物生態学)が全国からナメクジの目撃情報を募集している。名付けて「ナメクジ捜査網」。インターネットを通じて情報を収集・公開し、市民の力を借りて分布の変遷をとらえようという試みだ。【松本光樹】

 宇高助教が探しているのは、欧州原産の外来種「マダラコウラナメクジ」。体長最大約20センチの大型種で、ヒョウ柄が特徴だ。国内では2006年に茨城県の民家の庭で初めて見つかり、その後、福島県と長野県、北海道などでも確認された。東日本を中心に生息域を広げている可能性が高い。

 国内にはかつて在来種の「ナメクジ」が広く分布していたが、戦前から外来種の「キイロナメクジ」も増えていた。戦後すぐに別の外来種「チャコウラナメクジ」が定着し、キイロは姿を消した。宇高助教によると、今後はマダラが、チャコウラなどの既存種と置き換わっていく可能性があり、今は分布図が塗り替えられる過渡期と考えられるという。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです