メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

北海道胆振東部地震被災地 不安越え、一歩ずつ

右へ大きく傾いた店舗兼住居前での20日間の車中泊生活。みなし仮設住宅への移動を待つ畑嶋麻由美さんを夕焼けの空が包んだ=北海道厚真町で2018年9月25日午後5時33分、貝塚太一撮影

 9月6日午前3時7分、北海道で観測史上初めて震度7を記録し、死者41人を出した胆振(いぶり)東部地震。一時、ほぼ全世帯にあたる295万戸が停電するブラックアウトを経験し、全道民は不安な夜を過ごした。28日現在も、避難生活をするのは5市町(札幌市、北広島市、厚真町、むかわ町、安平町)585人。まもなく1カ月となるが、被災者の生活再建のめどは立たず、インフラや将来への不安はいまだ解消されない。それでも被災各地で、少しずつ復興へと歩みを進める姿があった。

 厚真町の自営業、畑嶋安雄さん(68)と麻由美さん(45)夫婦は、地震以来、家族3人で傾いた店舗兼住居前で車中泊を続けた。店舗前にたまたま置いていたテントがリビング代わり。「毎年行っていたキャンプのおかげで苦にならない」と麻由美さんは笑うが、近隣への騒音やガソリン節約を考えて車のエンジンは停車中は切っている。最近は寒さに震える夜が増え、冬を前に不安もあった。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです