メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

北海道胆振東部地震被災地 不安越え、一歩ずつ

右へ大きく傾いた店舗兼住居前での20日間の車中泊生活。みなし仮設住宅への移動を待つ畑嶋麻由美さんを夕焼けの空が包んだ=北海道厚真町で2018年9月25日午後5時33分、貝塚太一撮影

 9月6日午前3時7分、北海道で観測史上初めて震度7を記録し、死者41人を出した胆振(いぶり)東部地震。一時、ほぼ全世帯にあたる295万戸が停電するブラックアウトを経験し、全道民は不安な夜を過ごした。28日現在も、避難生活をするのは5市町(札幌市、北広島市、厚真町、むかわ町、安平町)585人。まもなく1カ月となるが、被災者の生活再建のめどは立たず、インフラや将来への不安はいまだ解消されない。それでも被災各地で、少しずつ復興へと歩みを進める姿があった。

 厚真町の自営業、畑嶋安雄さん(68)と麻由美さん(45)夫婦は、地震以来、家族3人で傾いた店舗兼住…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです