メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 中山11R・スプリンターズS (日曜競馬)

頂点奪取、ナックビーナス

 モレイラ騎手がナックビーナスを頂点に導く。オープンで何度も好走してきたが、重賞タイトルには手が届かなかった。春の高松宮記念でも、ゴール寸前まで首位争いに加わりながら3着。能力不足というより集中力が続かず、勝ち運を自ら遠ざけてきた印象だ。しかしモレイラ騎手とコンビを組んだ前走キーンランドCは、好スタートから2、3ハロン目を10秒台のラップで飛ばして後続を2馬身半突き放す快勝。一度騎乗してソラを使う癖もつかみ、展開次第で好位からの競馬もできるだろう。今季の中山は多少馬場が緩んでも前がなかなか止まらない。…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです