メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スニーカー

和紙を履く 片足140グラム、水洗い可 富山の織物会社

和紙を織り込んだ布で作ったスニーカーと開発に当たった細川機業の細川浩太郎常務=富山県上市町の同社で、森野俊撮影

 創業128年目の織物製造「細川機業」(富山県上市町)が、和紙を織り込んだ布を使い、国内で初めて本格的なスニーカーを商品化した。革や布だけのものと比べて軽くて丈夫。蒸れにくく雨の多い時期でも履きやすい。同社は「和紙は靴を変える可能性を秘めている」と、今後も和紙の特性を生かした商品開発に力を入れる。【森野俊】

 同社が靴を作るきっかけになったのは、3年前に細川浩太郎常務(43)が和紙でできた布の特許を持つ知人…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 1100万年前の天体衝突の痕跡発見 生物大量絶滅の原因か 南鳥島沖深海底で

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 独ワイツゼッカー元大統領の息子、講演中に刺殺 男を逮捕 動機不明

  5. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです