メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州大

次の100年へ 学問分野・国境を超え 福岡・伊都移転完了で式典 国内最大規模、自然豊かなキャンパス

 九州大の伊都キャンパス(福岡市西区)移転が完了し、29日、同キャンパス内にある椎木講堂で式典が開かれた。

 大学関係者ら約1000人が出席。久保千春学長は「九州大は平成という移転の時代を終え、このキャンパスを拠点として新たな時代を歩み始める。世界をリードする人材と新しい科学を生み出すキャンパスを目指す」とあいさつした。

 施設の老朽化や手狭になったことなどから、九大は1991年に箱崎、六本松、原町地区の統合移転を決定。2005年の工学系を皮切りに順次、移転を進めてきた。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです