特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 「公になりうれしい」 県内3例目、女性提訴 /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 障害者らへの強制不妊手術を認めていた旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして、知的障害のある県内の60代女性が28日、仙台地裁に国家賠償請求訴訟を起こした。旧法を巡る国賠訴訟は県内で3例目。女性の妹は「姉の手術が公になってうれしい」と弁護団を通じコメントした。【遠藤大志、滝沢一誠】

 「悔しい思いをしたが、私と姉の心のもやもやが晴れる日が来た」。提訴後の記者会見で、仙台弁護団の滝沢圭弁護士が妹のコメントを読み上げた。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文791文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集