メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 弁護団が救済案提言「可能性のある人に通知を」 /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強制された当事者の救済を巡り、全国優生保護法被害弁護団は28日、「第三者機関を設置し、被害者となった可能性のある人に救済制度を通知すべきだ」などとする制度案を弁護団声明として発表した。今後、国や超党派議連、与党ワーキングチーム(WT)の3者に制度案を送付する。

 声明では、救済の対象範囲について「子宮摘出など法を逸脱した手術や法所定の審査手続きを経ない手術など…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金質問箱 Q 厚生年金加入条件、会社によって違う?=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  2. 年金質問箱 Q 働いて厚生年金加入 受給額いくら減るか=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  3. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  4. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  5. みんなの広場 万博開催、本当に必要なのか=マンション管理員・村山雅昭・76

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです