特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

強制不妊手術 弁護団が救済案提言「可能性のある人に通知を」 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強制された当事者の救済を巡り、全国優生保護法被害弁護団は28日、「第三者機関を設置し、被害者となった可能性のある人に救済制度を通知すべきだ」などとする制度案を弁護団声明として発表した。今後、国や超党派議連、与党ワーキングチーム(WT)の3者に制度案を送付する。

 声明では、救済の対象範囲について「子宮摘出など法を逸脱した手術や法所定の審査手続きを経ない手術なども対象とすべきだ」と主張。手術の事実認定をする組織について「行政からの独立性の高い第三者機関を設置し、柔軟な認定基準にすべきだ」と訴えている。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文497文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集