メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 弁護団が救済案提言「可能性のある人に通知を」 /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強制された当事者の救済を巡り、全国優生保護法被害弁護団は28日、「第三者機関を設置し、被害者となった可能性のある人に救済制度を通知すべきだ」などとする制度案を弁護団声明として発表した。今後、国や超党派議連、与党ワーキングチーム(WT)の3者に制度案を送付する。

 声明では、救済の対象範囲について「子宮摘出など法を逸脱した手術や法所定の審査手続きを経ない手術など…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文497文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです