メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 弁護団が救済案提言「可能性のある人に通知を」 /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強制された当事者の救済を巡り、全国優生保護法被害弁護団は28日、「第三者機関を設置し、被害者となった可能性のある人に救済制度を通知すべきだ」などとする制度案を弁護団声明として発表した。今後、国や超党派議連、与党ワーキングチーム(WT)の3者に制度案を送付する。

 声明では、救済の対象範囲について「子宮摘出など法を逸脱した手術や法所定の審査手続きを経ない手術など…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  4. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  5. イチローが開幕スタメン マリナーズ監督が明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです