メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊手術 弁護団が救済案提言「可能性のある人に通知を」 /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強制された当事者の救済を巡り、全国優生保護法被害弁護団は28日、「第三者機関を設置し、被害者となった可能性のある人に救済制度を通知すべきだ」などとする制度案を弁護団声明として発表した。今後、国や超党派議連、与党ワーキングチーム(WT)の3者に制度案を送付する。

 声明では、救済の対象範囲について「子宮摘出など法を逸脱した手術や法所定の審査手続きを経ない手術など…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです