メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那須の雪崩

部活動登山、根幹から再議論を 遺族、県教委に要望 /栃木

 那須町の茶臼岳で昨年3月、登山講習会中の県立大田原高の生徒ら8人が死亡した雪崩事故で、遺族4人と弁護団(団長・原田敬三弁護士)が28日、県教委幹部らと面会し、「部活動で登山をやるべきかどうかの根本的な部分から議論をし直してほしい」とする意見を伝えた。

 また、各学校が登山計画を作る際に参考にするガイ…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです