メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有効求人倍率

26年4カ月ぶり2倍超 全国6番目の高水準 県内8月 /富山

 富山労働局は28日、県内の8月の有効求人倍率(季節調整値)が前月比0・07ポイント増の2・02倍となり、26年4カ月ぶりに2倍を超えたと発表した。全国でも6番目に高く、同局は「雇用情勢は着実に改善している」としている。【柳澤一男】

 有効求人倍率は今年1月に1・9倍台になってから、高水準が続いている。同局によると、2倍超はバブル景気が後退した1992年4月以来。その後、リーマン・ショックの影響で2009年7月には…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです