メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山

入山料 今夏、最多の5655万円 計測器不具合で協力率は算定できず /静岡

 県は28日、今年の富士山の夏山シーズン(7月10日~9月10日)の保全協力金(入山料、原則1000円)が約5655万円で、昨年より約450万円増え過去最高だったと発表した。一方で環境省が富士宮口に設置する赤外線計測機器の不具合で約1カ月間、登山者数をカウントできなかったため、支払った人の割合を示す協力率は算定できなかった。

 県富士山世界遺産課によると、静岡県側の富士宮口、須走口、御殿場口から登山した人で協力金を支払った人…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです