メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

陸軍大正飛行場の掩体壕(八尾市) 空中待避、無傷の帰還 /大阪

八尾市垣内に残る掩体壕=2018年8月14日、梅田麻衣子撮影

 陸軍大正飛行場(八尾市、現八尾空港)を前回、取り上げた。「戦時中、飛行場に動員され、掩体壕(えんたいごう)を造った」と、当時旧制天王寺中学生だった手塚吉郎さん(88)=大阪市東住吉区=から連絡をいただいた。戦争末期の飛行場の様子や「戦時色一色」という当時の学校生活を聞いた。

 掩体壕は、空襲から飛行機を守るために、土塁で囲ったり、コンクリートや木材でドーム状に造られたりした格納庫。郷土史研究グループ「河内の戦争遺跡を語る会」代表で、「日常の中の戦争遺跡」(アットワークス)の著者、大西進さん(77)によると、大正飛行場には19基、場外には20基以上の掩体壕があった。戦況が悪化した1944年ごろから造られたらしい。

 手塚さんは43年4月に天王寺中学校に入学。2年生のときに2回、飛行場に動員され、学校から歩いて行っ…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1626文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです