メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

陸軍大正飛行場の掩体壕(八尾市) 空中待避、無傷の帰還 /大阪

八尾市垣内に残る掩体壕=2018年8月14日、梅田麻衣子撮影

 陸軍大正飛行場(八尾市、現八尾空港)を前回、取り上げた。「戦時中、飛行場に動員され、掩体壕(えんたいごう)を造った」と、当時旧制天王寺中学生だった手塚吉郎さん(88)=大阪市東住吉区=から連絡をいただいた。戦争末期の飛行場の様子や「戦時色一色」という当時の学校生活を聞いた。

 掩体壕は、空襲から飛行機を守るために、土塁で囲ったり、コンクリートや木材でドーム状に造られたりした格納庫。郷土史研究グループ「河内の戦争遺跡を語る会」代表で、「日常の中の戦争遺跡」(アットワークス)の著者、大西進さん(77)によると、大正飛行場には19基、場外には20基以上の掩体壕があった。戦況が悪化した1944年ごろから造られたらしい。

 手塚さんは43年4月に天王寺中学校に入学。2年生のときに2回、飛行場に動員され、学校から歩いて行った。作業中、警報が鳴ることもあった。飛行機がどんどん飛び立つ。「2式戦闘機『鍾馗(しょうき)』が多かった。1式の『隼(はやぶさ)』や2式で双発の『屠龍(とりゅう)』もあった」と、よく覚えている。1時間半ほど後、無傷で帰って来た。「さすが」。敵を迎え撃ったと思っていた。だが、兵隊が教えてくれた。「あれ…

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです