メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はい上がれスサノオ

バスケットボール B1再昇格へ/4止 大型選手陣「ビッグマン」 /島根

公開練習でシュートを狙うロスコ・アレン選手(中央)=松江市鹿島町佐陀本郷の鹿島総合体育館で、前田葵撮影

戦いの鍵握る、攻守の要

 島根スサノオマジックの契約メンバーは日本人10人、外国人4人の計14選手。うち昨季もスサノオでプレーしたのは5人だ。鈴木裕紀監督は今季の戦いの鍵として、攻守ともにゴール下からの得点やリバウンド争いを担う大型選手「ビッグマン」の存在を挙げる。

 「激しいディフェンスから速い展開に持ち込みたい」。鈴木監督が求めるプレースタイルは昨季と変わらない。今季は経験の浅い若手が多いため、状況に応じて膨大な決まり事のあるチームディフェンス戦術を伝えようと身ぶり手ぶりで指導する場面が目立つ。

 ディフェンスでは日本人選手には早い段階から相手にプレッシャーをかけるよう指示。そのため、1対1で抜…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです