メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

来月の国際観艦式、旭日旗「自粛要請」 防衛相「法に従い掲揚」

2002年の海上自衛隊創設50周年記念国際観艦式で護衛艦の前で掲げられる自衛艦旗=東京・晴海埠頭で

 小野寺五典防衛相は28日の記者会見で、来月10~14日に韓国の済州島で開催される国際観艦式で、海上自衛隊の護衛艦が自衛艦旗である「旭日旗」を掲げる方針を明らかにした。韓国メディアによると、韓国内では旭日旗の掲揚に反発が強く、韓国海軍も自粛を間接的に求めていたという。小野寺氏は「自衛隊法や国連海洋法条約などの法令にのっとって対応する」と述べ、従来の方針を変えない姿勢を示した。

 小野寺氏は記者会見で、自衛艦旗の掲揚が自衛隊法などで義務づけられており、艦艇に国籍を示す外部標識を掲げることを求める国連海洋法条約にも合致していると強調。「自衛隊艦艇の外部標識として定着している。(観艦式でも)当然掲げることになる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです