スバル

不正、ブレーキも 排ガス1869台に拡大 調査報告

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
会見の冒頭頭を下げるスバルの中村知美社長=東京都渋谷区で2018年9月28日午後6時3分、根岸基弘撮影
会見の冒頭頭を下げるスバルの中村知美社長=東京都渋谷区で2018年9月28日午後6時3分、根岸基弘撮影

 SUBARU(スバル)は28日、新車の検査不正に関する調査報告書を国土交通省に提出した。ブレーキの力やハンドルの操作性などの検査で新たに不正が判明。これまで1551台で数値の改ざんなどが判明していた燃費・排ガスの抜き取り検査でも、不正が1869台に拡大した。

 28日に記者会見した中村知美社長は「多大なご迷惑をおかけし、心よりおわび申し上げる」と陳謝した。

 新たな不正は、全ての完成車両を対象にした全数検査で見つかった。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文899文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集