メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

米軍飛行場、なぜ辺野古に? 現行の普天間危険 計画に紆余曲折=回答・岸達也

 なるほドリ 普天間(ふてんま)飛行場の名護(なご)市辺野古(へのこ)移設ってどんな計画なの?

 記者 辺野古沿岸部(えんがんぶ)を土砂で埋め立てて、長さ1800メートルのV字形滑走路(かっそうろ)2本を整備する計画です。強襲揚陸艦(きょうしゅうようりくかん)という軍艦が接岸できるなど、今の普天間飛行場にない機能も加わります。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです