メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

米軍飛行場、なぜ辺野古に? 現行の普天間危険 計画に紆余曲折=回答・岸達也

 なるほドリ 普天間(ふてんま)飛行場の名護(なご)市辺野古(へのこ)移設ってどんな計画なの?

 記者 辺野古沿岸部(えんがんぶ)を土砂で埋め立てて、長さ1800メートルのV字形滑走路(かっそうろ)2本を整備する計画です。強襲揚陸艦(きょうしゅうようりくかん)という軍艦が接岸できるなど、今の普天間飛行場にない機能も加わります。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです