スペイン

カタルーニャ混迷続く 住民投票1年 独立賛否は拮抗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
住民投票から1年となるのを前に、「我々は(運動を)やめない」とカタルーニャ語で書いたプラカードを掲げてデモする独立支持派の住民ら=スペイン北東部バルセロナで2018年9月20日、AP
住民投票から1年となるのを前に、「我々は(運動を)やめない」とカタルーニャ語で書いたプラカードを掲げてデモする独立支持派の住民ら=スペイン北東部バルセロナで2018年9月20日、AP

 【パリ賀有勇】スペイン北東部カタルーニャ自治州で独立を問う住民投票が実施されてから10月1日で1年を迎える。独立問題を巡り国と州の分断が続くなか、スペイン中央政府のサンチェス首相は自治州政府との緊張解消を図るが、トラ州首相は「独立」にこだわり、長引く混乱が収束する道筋は今も見えていない。

 州都バルセロナでは今月11日、1714年9月11日にスペイン継承戦争(1701~14年)でバルセロナが陥落し、国家としてのカタルーニャが消滅したことを記憶する自治州の祝日を迎え、多数の独立派市民がデモ行進。また、住民投票直前に国家警察が州幹部を拘束した日から1年となった今月20日には、「我々は(運動を)やめない」と書かれたプラカードを手にした独立派市民がスペイン当局への抗議デモを行った。

 地元メディアによると、混乱を背景に、今夏のバカンスシーズンは州内の宿泊施設の収益が昨年同期比14%減となるなど、独立問題の余波は今なお続く。

この記事は有料記事です。

残り1206文字(全文1618文字)

あわせて読みたい

ニュース特集