メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺らぐ「戦後ドイツ」

/4 右へ右へ、政界変容 反移民政党にあおられ

右傾化を強めるゼーホーファー内相兼ふるさと担当相=ベルリンで2018年7月24日午後2時55分、メルリン・ズグエ撮影

 事実は過去最低の犯罪件数なのに「難民受け入れ後、ドイツの犯罪は増えた」(トランプ米大統領)という「物語」が一定の支持を得る現状。「世界的に今ほど人々が迷信深くなっている時代はありません」。旧西独の首都だった西部ボンにあるボン大学で、気鋭の哲学者マルクス・ガブリエル氏が「迷信」という強い言葉を使って今の時代を論評した。

 ガブリエル氏が指摘する「迷信」の最たるものが、欧米文化を「キリスト教的・ユダヤ教的」なものと規定し…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1313文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです