メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵便

物流で新会社、豪トールと 企業から受託目指す

 日本郵政グループの日本郵便は28日、企業向けに日本国内の総合的な物流サービスを提供する新会社を10月1日に設立すると発表した。オーストラリアの国際物流子会社、トール・ホールディングス(HD)のノウハウを生かして、企業に総合的な物流サービスを提供し、収益拡大を目指す。

 新会社の名称は「JPトールロジスティクス」。日本郵便とトールが折半出資する。日本郵便の小野種紀専務執行役員が社長に就任する。

 企業向け物流サービスは需要が高まっている。新会社はまず、トールが海外で既に取引しているスポーツ用品…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです