メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

受精卵扱い初指針 改変後の移植禁止

 生物の遺伝子を効率良く改変できるゲノム編集技術を巡り、文部科学省と厚生労働省の有識者会議は28日、生殖補助医療に役立つ研究目的でヒトの受精卵に用いる際の指針案をまとめた。これまで国のルールが未整備だったが、初の指針が策定されれば国内でもヒトの受精卵の遺伝子を改変する研究が本格化する。

 指針案では、研究に使える受精卵は不妊治療で余ったものに限定。研究者からの希望が強い…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

  5. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです