ファイザー医学記事賞

優秀賞に毎日新聞記事

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞が掲載したキャンペーン記事「認知症と司法」が、優れた医療・医学記事を表彰する第37回ファイザー医学記事賞優秀賞に選ばれ、28日、東京都内のホテルで表彰式が行われた。

 記事は大阪社会部の原田啓之(現・医療福祉部)、遠藤浩二、藤田剛の3記者が担当。高齢化を背景に、認知症の影響で万引きや傷害など…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文263文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集