メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

将来の妊娠向け体づくりを

プレコンセプションケアのイベントにはカップルで参加する人もいた=東京都の京王プラザホテルで、本田由佳さん提供

 将来の妊娠に向けた健康づくり「プレコンセプションケア」が広がり始めている。世界保健機関(WHO)が推奨し、日本では国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)が啓発活動やカウンセリングを実施、取り組みを先導している。

 ●進む啓発活動

 コンセプションとは「受胎」の意味。妊娠前に、より健康になることで、元気な赤ちゃんを授かるチャンスを広げる狙いがある。

 8月中旬、国立成育医療研究センターが京王プラザホテルのブライダルフェアに合わせ、プレコンセプションケアのイベントを開いた。必要な知識を学べるコーナーが設けられ、肥満度合いを示すBMI(体格指数)や体温、血圧を測定して自分の健康状態を把握したり、医師によるカウンセリングを受けたりした。

この記事は有料記事です。

残り2150文字(全文2468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです