メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

六代目笑福亭松鶴生誕百年祭 前代未聞の一門結集 大阪で「笑福亭ウイーク」

六代目笑福亭松鶴

 戦前から漫才人気に押され、戦後、一度は滅んだとさえ言われた上方落語を復興させた上方落語四天王。今年は、そのリーダー格で、大阪の落語を体現する存在とも言われた六代目笑福亭松鶴(しょかく)(1918~86年)の生誕100年にあたる。今月上旬、現在は70人を数える一門の落語家が、数々の名演と伝説を残した師匠をしのび、1週間にわたる「六代目笑福亭松鶴生誕百年祭」を開催した。

 松鶴は戦後、父の五代目松鶴に入門。その芸風は豪放磊落(らいらく)でありながら緻密な演出に基づき、大…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです