メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「これが真の公開法廷」 傍聴拡大、障害者評価 札幌地裁で初口頭弁論

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。弁護団などの求めに応じて傍聴席の約6割で障害者対応を可能とした法廷には、初めて裁判を傍聴する人工呼吸器を装着した車椅子の障害者や聴覚障害者らが訪れた。弁護団は「これが真の公開法廷。大きな一歩だ」と語った。一方、国側は原告が主張する旧法の違憲性について見解を示さず、請求棄却を求めた。「不法行為への賠償制度を定めた国家賠償法がある」と主張した。【日下部元美、安達恒太郎、源馬のぞみ】

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1133文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです