メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大助教

ナメクジ目撃情報を募集 分布図で生態調査

近年日本で生息が確認された外来種のマダラコウラナメクジを手にする京都大の宇高寛子助教=京都大で、松本光樹撮影

 ナメクジの分布を追跡して、外来種が日本に適応していく過程を観察しようと、京都大の宇高寛子助教(動物生態学)が全国からナメクジの目撃情報を募集している。名付けて「ナメクジ捜査網」。インターネットを通じて情報を収集・公開し、市民の力を借りて分布の変遷をとらえようという試みだ。

 宇高助教が探しているのは、欧州原産の外来種「マダラコウラナメクジ」。体長最大約20センチの大型種で、ヒョウ柄が特徴だ。国内では2006年に茨城県の民家の庭で初めて見つかり、その後、福島県と長野県、北海道などでも確認された。東日本を中心に生息域を広げている可能性が高い。

 国内にはかつて在来種の「ナメクジ」が広く分布していたが、戦前から外来種の「キイロナメクジ」も増えて…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです