メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に
京大助教

ナメクジ目撃情報を募集 分布図で生態調査

近年日本で生息が確認された外来種のマダラコウラナメクジを手にする京都大の宇高寛子助教=京都大で、松本光樹撮影

 ナメクジの分布を追跡して、外来種が日本に適応していく過程を観察しようと、京都大の宇高寛子助教(動物生態学)が全国からナメクジの目撃情報を募集している。名付けて「ナメクジ捜査網」。インターネットを通じて情報を収集・公開し、市民の力を借りて分布の変遷をとらえようという試みだ。

 宇高助教が探しているのは、欧州原産の外来種「マダラコウラナメクジ」。体長最大約20センチの大型種で、ヒョウ柄が特徴だ。国内では2006年に茨城県の民家の庭で初めて見つかり、その後、福島県と長野県、北海道などでも確認された。東日本を中心に生息域を広げている可能性が高い。

 国内にはかつて在来種の「ナメクジ」が広く分布していたが、戦前から外来種の「キイロナメクジ」も増えて…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文764文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです