メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

自民党改憲本部長の細田氏留任を検討

細田博之・自民党憲法改正推進本部長

 安倍晋三首相は28日、米国訪問を終えて帰国し、10月2日の内閣改造・自民党役員人事に向けた調整を本格化させた。首相は同月下旬に召集予定の臨時国会に自衛隊明記を含む党改憲案を提出する意向。改憲論議を加速化させるため、出身派閥の細田派会長で自身に近い細田博之・党憲法改正推進本部長(74)を留任させる検討に入った。昨年秋の衆院選後、党改憲案の議論を主導してきた細田氏に引き続き「旗振り役」を務めてもらう必要があると判断したとみられる。

 首相は28日、二階俊博幹事長と首相官邸で約30分間会談し、党役員や閣僚人事について意見を交わしたと…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです