沖縄知事選

子供の貧困 未来に影

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沖縄で近年、社会問題として大きくクローズアップされているのが子供の貧困だ。県が推計した子供の貧困率は29.9%で、全国平均(16.3%)の2倍近くに上る。観光客数が過去最高を更新し続けるなど好景気に沸く一方で、「貧困の連鎖」が子供たちの未来を脅かし続ける現実。30日投開票の沖縄県知事選で事実上の一騎打ちを繰り広げている2人の候補者も、子供の貧困解消に向けて独自の公約を掲げている。

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1163文字)

あわせて読みたい