メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京メトロ

千代田線6000系が引退 ローレル賞も受賞

10月5日に通常運行を終了する千代田線6000系車両=東京メトロ提供

 東京メトロは28日、地下鉄千代田線6000系車両の通常運行を10月5日で終了すると発表した。これにあわせ、同13日から11月11日までの土日限定で、綾瀬駅(東京都足立区)-霞ケ関駅(同千代田区)間で、1日1往復の特別運転を実施する。車両にはこれまでの利用への感謝の意味を込めて、ヘッドマークを先頭車両に付けて運行する。

 1968年に試験導入された6000系は、71年に量産車がデビューし、これまでに353両が製造された。デビュー当時は、「回生ブレーキ」と「チョッパ制御方式」と呼ばれる仕組みを世界で初めて採用した省エネ車両として知られた。アルミ製車体を本格的に導入し、その後の地下鉄の標準型になった車両でもある。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです