メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有識者会議

受精卵「ゲノム編集」指針案 来春施行目指す

 生物の遺伝子を効率良く改変できるゲノム編集技術を巡り、文部科学省と厚生労働省の有識者会議は28日、生殖補助医療に役立つ研究目的でヒトの受精卵に用いる際の初の指針案をまとめた。これまで国のルールが未整備だったが、指針が策定されれば国内でもヒトの受精卵の遺伝子を改変する研究が本格化する。

 指針案では、研究に使える受精卵は不妊治療で余ったものに限定。研究者からの希望が強い…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです