メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

汚染水

タンクの大半で排水基準超過 処理後の放射性物質

 東京電力は28日、福島第1原発の汚染水を浄化した後にタンクで保管している水のうち、約8割に当たる75万トンで、トリチウム以外の放射性物質の濃度が排水の法令基準値を超過しているとの調査結果を明らかにした。今後、処分をする場合には、多核種除去設備(ALPS)などで再浄化する方針を表明した。

 10月1日に開かれる処分方法を検討する政府の小委員会で報告する。

 東電は第1原発で発生した汚染水をALPSで処理するが、トリチウムは除去できず、タンクにため続けてい…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです