メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「幸福追求権侵害」3地裁に6人が一斉提訴

国に損害賠償を求める 国や国会の不作為も追及へ

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして、宮城県や兵庫県などに住む知的障害や聴覚障害のある80代~60代の男女計6人が28日、国に総額1億700万円の損害賠償を求めて仙台、大阪、神戸の3地裁に一斉提訴した。聴覚障害者や関西地方での提訴は初めて。いずれも憲法が保障する幸福追求権やリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)を侵害されたなどと訴え、96年に旧法が母体保護法に改定された後も救済措置を怠ってきたのは国や国会の不作為だと追及する構えだ。

 知的障害者の宮城県の60代女性が今年1月に仙台地裁へ初めて提訴して以降、旧法をめぐる国賠訴訟の原告…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文890文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです