メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊手術

「幸福追求権侵害」3地裁に6人が一斉提訴

国に損害賠償を求める 国や国会の不作為も追及へ

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして、宮城県や兵庫県などに住む知的障害や聴覚障害のある80代~60代の男女計6人が28日、国に総額1億700万円の損害賠償を求めて仙台、大阪、神戸の3地裁に一斉提訴した。聴覚障害者や関西地方での提訴は初めて。いずれも憲法が保障する幸福追求権やリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)を侵害されたなどと訴え、96年に旧法が母体保護法に改定された後も救済措置を怠ってきたのは国や国会の不作為だと追及する構えだ。

     知的障害者の宮城県の60代女性が今年1月に仙台地裁へ初めて提訴して以降、旧法をめぐる国賠訴訟の原告は北海道から九州まで6地裁13人。

     それぞれの訴状によると、仙台地裁に提訴したのは知的障害のある60代女性で、20代だった77年に手術されたという。旧法下で手術を強いられた当事者の新聞報道を読んだ妹が、宮城県に女性に関する手術記録の情報開示を請求。手術日などが記された名簿が開示され、提訴を決めた。請求額は3300万円。

     大阪地裁では、知的障害がある近畿地方の女性(75)が3000万円を請求。中学3年の時にかかった日本脳炎の後遺症で障害が残り、高校卒業後に母親に連れられた大阪市内の病院で手術された。手術記録はないが、女性が病院名や住所を覚えており、下腹部には手術痕があるという。

     神戸地裁には聴覚障害のある夫婦2組が計4400万円を請求。兵庫県明石市の小林宝二(たかじ)さん(86)、喜美子さん(86)夫婦は60年の結婚直後、妊娠した喜美子さんが説明のないまま母親に連れられた病院で中絶と不妊の手術をされた。県内に住む70代の高尾辰夫さんと奈美恵さん夫婦=ともに活動名=も50年前の結婚直前、辰夫さんが母親に連れて行かれた病院で説明なしに手術された。いずれも手術記録は見つかっていないが、弁護団は「本人の証言から手術は明らか」と判断。4人は「同じような人が名乗り出られるように」と聴覚障害者として初めての提訴を決意した。【遠藤大志、戸上文恵、望月靖祥】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
    3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
    4. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕
    5. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです