特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊手術

「これが真の公開法廷」傍聴拡大 札幌地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

慰謝料求めた訴訟第1回口頭弁論 弁護団「大きな一歩だ」

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。弁護団などの求めに応じて傍聴席の約6割で障害者対応を可能にした法廷には、初めて裁判を傍聴した人工呼吸器を装着した車椅子の障害者や聴覚障害者らが訪れた。弁護団は「これが真の公開法廷。大きな一歩だ」と語った。

 一方、国側は原告が主張する旧法の違憲性について見解を示さず、請求棄却を要求。「不法行為への賠償制度を定めた国家賠償法がある」として、被害を訴えなかった原告側に問題があるとの認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文975文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集