メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潮45

編集過程への具体的説明なく 事実上の廃刊

「新潮45」10月号の特集「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」

 性的少数者(LGBTなど)擁護を批判する寄稿や特集に批判が集まった月刊誌「新潮45」の事実上の廃刊が決まった。発行元の新潮社(東京都新宿区)は謝罪をしたものの、佐藤隆信社長が声明で指摘した「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」とは何を指しているのか、どのような編集過程で特集が掲載されたのか、といった核心への具体的な説明を避けている。識者からは新潮社に検証やさらなる説明を求める声が強い。

この記事は有料記事です。

残り3143文字(全文3345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです