東京五輪

セキュリティーチェック実証実験

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピックで選手や関係者が競技会場などに入場する際のセキュリティーチェックを円滑に行うための実証実験が28日まで2日間にわたって行われ、のべ2000人が参加した。大会組織委員会は今回の実証実験で得たデータを基に警備計画の策定を進める。

 関係者用の入場ゲートは五輪・パラリンピ…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

あわせて読みたい

ニュース特集