メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マケドニア

国名変更で“綱引き” 透ける米欧vs露の構図

 東欧マケドニアは30日、国名を「北マケドニア」に変更するかを問う国民投票を実施する。マケドニアは独立以降、国名を巡って隣国ギリシャと27年間にわたって対立してきたが、今年6月に変更で合意。今回の国民投票と憲法改正を経て国内手続きが完了する。国名変更によって北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)加盟を狙う与党と、変更阻止を図る野党が支持争いを展開する。その背後にバルカン半島での影響力拡大を狙う米国とロシアの激しいつばぜり合いが見えてきた。【スコピエ三木幸治】

 首都スコピエのカフェ。マケドニア情報機関の関係者がパソコンに入ったロシア関連の機密文書を指し示し、…

この記事は有料記事です。

残り2165文字(全文2450文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです