メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

傍聴拡充、障害者評価 さらなる改善求める声も /北海道

 障害者らに不妊手術を強制した旧優生保護法(1948~96年)を巡る訴訟を傍聴したいとの障害者団体の要望を受け、傍聴環境を大幅に拡充した28日の札幌市の小島喜久夫さん(77)の訴訟には大勢の障害者や支援者が参加した。傍聴の意義や配慮への評価の声が多く上がる一方、今後のさらなる改善を求める声も出た。【日下部元美、源馬のぞみ、安達恒太郎】

 札幌市東区の知的障害者、松岡敏雄さん(58)は「本当はもっと前から障害者への配慮をやるべきだったが…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです