メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日紙上書道展

18年度第2回 入賞作品決まる /和歌山

力作が並んだ応募作から優秀賞などを選ぶ審査員たち=和歌山市六番丁の毎日新聞和歌山支局で、砂押健太撮影

 2018年度第2回「毎日紙上書道展」(毎日新聞和歌山支局主催)の審査が29日、和歌山市六番丁の支局であり、各部門の入賞作品が決まった。幼児・小学校低学年や一般など5部門計620点の応募作から、毎日書道展会員ら審査員が優秀賞と佳作を選んだ。

 受賞者は次の通り。(敬称略。優秀賞作品は10月25日、佳作入賞者氏名は27日に掲載予定)

 【幼児・小学校低学年】石田心路、假谷愛莉、松元希帆、山本萌愛、榎原みづき、岩本花梨【小学校高学年】…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです