メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

更生施設営む元暴走族総長(その1) 荒れる少年らに愛を

 「仕事はどうや。困ったことないか?」

 福岡県田川市にある少年専門の更生保護施設「田川ふれ愛義塾」。男子寮の2段ベッドが並ぶ寝室で、工藤良(りょう)さん(41)が少年たちに笑って声をかける。職場への愚痴などで盛り上がった後、工藤さんが諭すように言う。「気に入らないことがあったら、ちゃんと先輩や上司に相談せい。社会に出たらよくある話や。キレたら何にもならんからね」。少年たちがうなずいた。

 この塾を運営するNPO法人「TFG」の理事長。現在の入所者は15歳から20歳の男女計13人だ。刑務所や少年院から出た人や保護観察処分中の人らを一定期間保護し、社会復帰を助ける更生保護施設は全国に103カ所あるが、少年専門の施設は2カ所しかない。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです