メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マケドニア

国名変更(その1) きょう国民投票 与党…米欧/野党…露

国名変更に反対する野党「国家統一民主党」の集会。古代マケドニアの象徴である「ベルギナの太陽」をあしらった旗も掲げられた=マケドニア南西部オフリドで2018年9月23日午後1時29分、三木幸治撮影

国名変更、綱引き

 東欧マケドニアは30日、国名を「北マケドニア」に変更するかの是非を問う国民投票を実施する。マケドニアは独立以降、国名を巡って隣国ギリシャと27年間にわたって対立してきたが、今年6月に変更で合意。今回の国民投票と憲法改正を経て国内手続きが完了する。国名変更によって北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)加盟を狙う与党と、変更阻止を図る野党が支持争いを展開する。その背後にバルカン半島での影響力拡大を狙う米国とロシアの激しいつばぜり合いが見えてきた。

 首都スコピエのカフェ。マケドニア情報機関の関係者がパソコンに入ったロシア関連の機密文書を指し示し、…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです