メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第2部 この場所/6 首相官邸前 震災後の原発再稼働反対行動 届かない、市民の声

この日で300回目の開催となった首都圏反原発連合主催の「首相官邸前抗議」で原発稼働に反対の声を上げる人たち=東京都千代田区で7月、宮間俊樹撮影

政治主導強まり「官」萎縮

 「今すぐ原発止めろ!」。毎週金曜日の夜、東京都千代田区永田町の首相官邸前に抗議の声が響きわたる。政府職員が帰路を急ぎ、政権幹部が公用車で続々と官邸を後にする。その目の前で、数百人の市民が太鼓を打ち鳴らし声をからす。「首相官邸前抗議」。今年7月に開始から300回を迎え、ピーク時に比べれば参加者はめっきり減った。

 始まりは東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から1年たった2012年3月。関西電力大飯原発(福井…

この記事は有料記事です。

残り2215文字(全文2433文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです