メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第2部 この場所/6 首相官邸前 震災後の原発再稼働反対行動 届かない、市民の声

この日で300回目の開催となった首都圏反原発連合主催の「首相官邸前抗議」で原発稼働に反対の声を上げる人たち=東京都千代田区で7月、宮間俊樹撮影

政治主導強まり「官」萎縮

 「今すぐ原発止めろ!」。毎週金曜日の夜、東京都千代田区永田町の首相官邸前に抗議の声が響きわたる。政府職員が帰路を急ぎ、政権幹部が公用車で続々と官邸を後にする。その目の前で、数百人の市民が太鼓を打ち鳴らし声をからす。「首相官邸前抗議」。今年7月に開始から300回を迎え、ピーク時に比べれば参加者はめっきり減った。

 始まりは東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から1年たった2012年3月。関西電力大飯原発(福井…

この記事は有料記事です。

残り2215文字(全文2433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです