メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

官邸の権限って大きいの? 小泉政権から強化 弊害指摘する声も=回答・樋口淳也

内閣官房の職員数の推移

 なるほドリ 首相官邸(しゅしょうかんてい)の権限(けんげん)って大きいの?

 記者 自民党の派閥(はばつ)の長や官僚(かんりょう)の力が強かった時代もあり、一概(いちがい)には言えません。ただ、平成は官邸主導が目立った時代と言えます。今は官邸で執務(しつむ)する首相ら政権幹部が政策や予算、各省庁の幹部人事を握り、党や官僚に対し圧倒的な力を持っています。メディアが「官邸支配」と呼ぶこともありますね。支える内閣官房(ないかくかんぼう)の職員数(併任(へいにん)含む)も、省庁再編があった2001年と比べて約2・8倍増え、今は約3000人です。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです