メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

官邸の権限って大きいの? 小泉政権から強化 弊害指摘する声も=回答・樋口淳也

内閣官房の職員数の推移

 なるほドリ 首相官邸(しゅしょうかんてい)の権限(けんげん)って大きいの?

 記者 自民党の派閥(はばつ)の長や官僚(かんりょう)の力が強かった時代もあり、一概(いちがい)には言えません。ただ、平成は官邸主導が目立った時代と言えます。今は官邸で執務(しつむ)する首相ら政権幹部が政策や予算、各省庁の幹部人事を握り、党や官僚に対し圧倒的な力を持っています。メディアが「官邸支配」と呼ぶこともありますね。支える内閣官房(ないかくかんぼう)の職員数(併任(へいにん)含む)も、省庁再編があった2001年と比べて約2・8倍増え、今は約3000人です。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです