メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

カバノー氏疑惑 広がる非難、一転調査 大統領守勢に

ブレット・カバノー氏=AP

 【ワシントン鈴木一生、高本耕太】トランプ米大統領は28日、連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏(53)に関する追加の経歴調査を連邦捜査局(FBI)に指示した。カバノー氏には、複数の女性が性的暴力などの被害を告発。セクハラ被害を訴える「#MeToo(私も)」運動の影響もあり、徹底した調査や指名撤回を求める声が全米に拡散している。FBIの調査を不要としていたトランプ氏だが、議会での指名承認を確実にするために一定の譲歩を迫られた形だ。

 カバノー氏は保守派の連邦高裁判事で、トランプ政権は最高裁判事就任の早期実現を目指している。11月の…

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1195文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  2. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです