メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア学生交流環境フォーラム

マレーシアで熱帯雨林の恵み体感 自然と共生する社会を議論

森の効用について説明するガイドのジャラリ・サレさん(左)=クアラルンプールで

 地球環境の未来に向けて若者たちが学び合う「アジア学生交流環境フォーラム」(主催・イオン環境財団、後援・毎日新聞社、中国青年報社、朝鮮日報社、トイチェ社、コンパス紙など)が8月2~5日、マレーシアで開かれた。テーマは「熱帯雨林からの贈りもの」。早稲田大学を含めアジアの9カ国の大学の学生らが集い、自然と共生する社会や経済のあり方について議論を深めた。【明珍美紀】

 「人と人とのつながりを大事にし、フォーラムで得たものをそれぞれの国の未来に生かしてほしい」

この記事は有料記事です。

残り2514文字(全文2741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. ベトナムで3カ月ぶり市中感染 隔離中の客室乗務員と接触した男性 現地報道

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです