メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アジア学生交流環境フォーラム

マレーシアで熱帯雨林の恵み体感 自然と共生する社会を議論

森の効用について説明するガイドのジャラリ・サレさん(左)=クアラルンプールで

 地球環境の未来に向けて若者たちが学び合う「アジア学生交流環境フォーラム」(主催・イオン環境財団、後援・毎日新聞社、中国青年報社、朝鮮日報社、トイチェ社、コンパス紙など)が8月2~5日、マレーシアで開かれた。テーマは「熱帯雨林からの贈りもの」。早稲田大学を含めアジアの9カ国の大学の学生らが集い、自然と共生する社会や経済のあり方について議論を深めた。【明珍美紀】

 「人と人とのつながりを大事にし、フォーラムで得たものをそれぞれの国の未来に生かしてほしい」

この記事は有料記事です。

残り2514文字(全文2741文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです