連載

ストーリー

記者が現場を歩き、見て、聞いて、感じながら、ニュースの深層、話題の人々の内面に迫る長編ルポ。

連載一覧

ストーリー

更生施設営む元暴走族総長(その2止) 更生に駆ける元不良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
塾生たちと話し込む工藤良さん(中央)。それぞれの人間関係の悩みにまで気を配る=福岡県田川市の更生保護施設「田川ふれ愛義塾」で2018年9月21日、森園道子撮影
塾生たちと話し込む工藤良さん(中央)。それぞれの人間関係の悩みにまで気を配る=福岡県田川市の更生保護施設「田川ふれ愛義塾」で2018年9月21日、森園道子撮影

 

 ◆200人の若者に支援の手

後悔と孤独の末に

 「田川ふれ愛義塾」がある福岡県田川市は、炭鉱で栄えた筑豊地区の中心都市の一つとして全国から労働者が集まっていた。しかし、塾を運営するNPO法人「TFG」理事長の工藤良(りょう)さん(41)が同市で生まれた1977年には既に市内の炭鉱は閉山しており、かつてのにぎわいはなくなっていた。

 「他に遊びがないので暴走族に入り、何度も警察の世話になりました。子どもが生まれて初めて真面目になろうとした時も、半年ももちませんでした」。8月3日、全国から見学に訪れていた更生保護施設の職員らを前に、自身の生い立ちを語り出すと、同業者たちは驚いたように聴き入った。

この記事は有料記事です。

残り4625文字(全文4924文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集