メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
台風24号

関空「反省生かし」厳戒 滑走路計画閉鎖、浸水対策

警報級の大雨と暴風が予想される期間

 大型で非常に強い台風24号が日本列島に近づき、相次ぐ台風や豪雨で大きな被害を受けた西日本各地では再び厳重な警戒態勢が取られた。台風21号で被災し、利用客らが一時孤立した関西国際空港では、空港島護岸に土のうを積み、30日午前11時から翌朝までは、滑走路を全面閉鎖して備える。

 台風による4日の高潮で、空港島の5メートルの防潮壁は機能せず、第1ターミナル地下が浸水し、2本あるうちのA滑走路が冠水した。対岸と結ぶ空港連絡橋にもタンカーが衝突。道路と鉄道が通行止めとなり、約8000人が一時空港島内に閉じ込められた。

 旅客施設は21日に全面再開したばかりで、貨物エリアなどは今も復旧の過程にある。空港を運営する関西エ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文725文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 京都アニメ放火 「実名早期公表を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです