メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
雑誌のハシゴ

ブラックアウトが起きたら=荻原魚雷

 ■首都圏ブラックアウト 不都合な真実(サンデー毎日 9月30日号)

 ■首都圏ブラックアウト その時、病院で何が起きるか(週刊ポスト 10月5日号)

 ■完全保存版 東京大停電「緊急電源マップ」(FRIDAY 9月28日号)

 ブラックアウト--。はじめて聞いたときは何のこっちゃとおもいました。大規模停電という意味だそうです。いっぽう、ホワイトアウトは雪や雲などによって視界が白一色になってしまう現象のこと。いろいろ調べていたら、グレーアウトという言葉もあるんですね。コンピューターのメニュー画面で入力(操作)できない部分が薄い灰色で表示されることから、そう名付けられました。

 『サンデー毎日』によると、「電力業界では、供給エリア全域に電力を送れなくなることを『全系崩壊』ある…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文955文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです