埼玉県

「eポートフォリオ」 公立高で実証実験へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
活動を記録するアプリのイメージ画像=埼玉県教育局提供
活動を記録するアプリのイメージ画像=埼玉県教育局提供

 高校生が部活動やボランティアなど校内外での活動を電子データで記録する「eポートフォリオ」(デジタル学習記録)が2020年度の大学入試から用いられる。埼玉県教育局は東京大、理化学研究所と共同研究し、スマートフォンのアプリから生徒が活動記録を入力し、安全に運用できるeポートフォリオの運用方法を考案。10月中旬から希望する公立高で実証実験を行う。

 eポートフォリオは部活動や留学経験、資格などの活動を記録し、生徒の主体性を評価することが狙い。eポートフォリオに生徒が記入した内容を担任が確認し、調査書に反映させることが想定されている。今年度に入学した現高校1年が入試を迎える20年度から導入される。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文774文字)

あわせて読みたい

ニュース特集