メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風24号

関電、作業要員増で復旧に備え

 台風24号の接近に伴い、各地で災害対策が慌ただしく進められた。西日本は台風21号で大規模停電や住宅損壊など大きな被害が出たばかり。住民からは「もううんざり」との声も上がる中、関西電力は前回の反省を踏まえ、停電の復旧作業要員を大幅に増やし、各企業や自治体も万が一に備えた。

 4日上陸の台風21号で延べ約220万戸の大規模停電が起きた関西電力。復旧作業などに当たる要員として、当初約8000人だった21号の1.5倍に相当する約1万2000人で対応する。21号による停電の解消は20日までかかった。21号の際には、関電ホームページから停電情報を閲覧できる…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです