メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風24号

関電、作業要員増で復旧に備え

 台風24号の接近に伴い、各地で災害対策が慌ただしく進められた。西日本は台風21号で大規模停電や住宅損壊など大きな被害が出たばかり。住民からは「もううんざり」との声も上がる中、関西電力は前回の反省を踏まえ、停電の復旧作業要員を大幅に増やし、各企業や自治体も万が一に備えた。

 4日上陸の台風21号で延べ約220万戸の大規模停電が起きた関西電力。復旧作業などに当たる要員として、当初約8000人だった21号の1.5倍に相当する約1万2000人で対応する。21号による停電の解消は20日までかかった。21号の際には、関電ホームページから停電情報を閲覧できる…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文689文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです