メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家庭のCO2排出

高齢世帯多く 古い家電使用が影響

世帯の種別ごとのCO2年間排出量

 環境省は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の家庭での排出実態について、全国約1万3000世帯を対象に調査した結果を公表した。消費電力が少ない省エネ家電への買い替えが進まないなどの理由で、65歳以上の高齢者が暮らす世帯で排出が多い傾向が浮かんだ。

 世代や人数などの家族構成を考慮した初の調査。同省によると国内排出のCO2は、工場や自動車からは減少傾向だが、約15%を占める家庭からは2016年度に4年ぶりに増加に転じた。

 日本は温室効果ガス削減の国際枠組み「パリ協定」で30年度に13年度比26%削減する目標を掲げていて…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです