メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武豊4000勝

金字塔 49歳、追随許さず

JRA通算4000勝を達成し、指で「4」を作り笑顔を見せる武豊騎手=兵庫県宝塚市の阪神競馬場で2018年9月29日午後3時9分、加古信志撮影

 日本中央競馬会(JRA)の武豊騎手が29日の阪神競馬第10レースで、単勝4番人気のメイショウカズヒメに騎乗して1着となり、史上初のJRA通算4000勝(地方、海外を除く)を成し遂げた。

 武騎手はこれまで年間最多勝の座を計18回獲得し、1988年から23年連続G1勝利、通算最多騎乗2万1237回、年間最多212勝(2005年)など数々の記録を樹立。今回、新たな勲章が加わった。

 序盤から2番手付近で先行すると、最後の直線で悠々と先頭へ。4000勝目を1馬身4分の3差で快勝した武は、通算3900勝に続いて「メイショウ」が冠の馬で勝利。「父の代からお世話にな…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです