メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界柔道

確かな手応え 帰国記者会見

帰国後の記者会見でメダルを手に記念撮影に応じる(右から)阿部一二三と詩=千葉県成田市で2018年9月29日午後8時48分、和田大典撮影

 柔道世界選手権(バクー)で金8、銀5、銅4の計17個のメダルを獲得した日本代表が29日帰国し、成田空港で記者会見した。

 7階級のうち5階級を制した女子は、1980年に女子も世界選手権を実施されるようになって以降初めて全選手が表彰台に上がった。増地克之監督は「半数が寝技で試合が決まった。日本の寝技は海外選手の脅威になっている」と振り返った。2016年リオデジャネイロ五輪以降、ブラジリアン柔術の指導者を2度合宿に招いて寝技や関節技を強化した成果が生きた。

 豪快な投げ技を得意とする女子52キロ級の阿部詩(兵庫・夙川学院高)も5試合中2試合を寝技と関節技で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです